エヌビディア すごい会社です。

CES

1月5日に米ラスベガスで「CES」と呼ばれる世界最大の家電見本市が始まります。

開幕前夜の基調講演に立ったエヌビディアのジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)が人工知能(AI)を搭載した自動運転車向けコンピューターの分野で、自動車部品大手の独ボッシュ、独ZF、デジタル地図サービスの独ヒア、ゼンリンの4社と提携したと発表しました。

ボッシュとZFはエヌビディアが開発した高性能の車載コンピューター「ドライブPX2」を両社の製品とそれぞれ組み合わせ、完成車メーカーに売り込みます。

ヒアとゼンリンは自動運転に欠かせない高精細のデジタル地図の整備で協力します。

半導体業界で米インテルや米クアルコムなどとの主導権争いが激しさを増すなか、自動車業界の有力企業との提携を拡大します。

また、ファンCEOはアウディと共同開発中の自動運転車について、2020年までに実用化を目指す方針も明らかにしました。

すごい会社です。

株価は一時120ドルまで上昇した後調整が入り、現在は100ドル台の前半で推移しています。

今回の発表でさらに株価が上がるかもしれませんが、来週少し資金ができるので、追加買付したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク