エヌビディア ベンツと提携

米半導体大手のエヌビディアと独メルセデス・ベンツは1月6日、自動車向け人工知能(AI)分野で提携すると発表しました。

1年以内にエヌビディアのAIコンピューターを搭載した車をベンツが発売するそうです。

ベンツのカーン副社長から「12カ月以内にエヌビディアの製品を搭載した車を発売する」と発表がありました。

また、エヌビディアのファンCEOは「メルセデス・ベンツとエヌビディアは『AIカー』に関するビジョンを共有している」と述べ、幅広い領域での連携に意欲を示しました。

2社は3年前から水面下で協業を開始しており、米シリコンバレーとドイツ南部シュツットガルトの2カ所に開発部隊を置き、共同で開発を進めているようです。

自動運転などに欠かせない自動車用AIを巡っては、エヌビディアや米インテル、オランダのNXPセミコンダクターズ買収を決めた米クアルコムなどが火花を散らしています。

独アウディや米フォード・モーター、米テスラモーターズ、スウェーデンのボルボ・カーに続いて高級車ブランドのメルセデス・ベンツと提携を決めたことは、エヌビディアにとって追い風となりそうです。

ますますエヌビディアの動向から目が離せなくなってきました。

最近株価は調整気味なので、来週少し追加で買いたいと思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク