ライブスター証券とGMOクリック証券を勧める理由

投資をする上でコストの差は運用成績に大きく響いてきます。

ネット証券の手数料はどこも安いですが、中でも「ライブスター証券」と「GMOクリック証券」の手数料は圧倒的な安さです。

これから日本株を始める方も、ベテラン投資家も、口座を持っておいて損はない証券会社だと思うので今回紹介します。

ライブスター証券のHP内にある各証券会社の手数料一覧表が分かりやすかったのでお借りしました。

※ライブスター証券のHPより抜粋、2017年1月4日時点の各社現物株式手数料比較表

※ライブスター証券のHPより抜粋、2017年1月4日時点の各社信用取引手数料比較表

(ライブスター証券の「キャンペーン期間中0円」というのは、口座開設後約2ヵ月間は現物、信用取引の手数料が無料という内容です。)


ライブスター証券

業界で最も安い手数料で有名です。

国内最大の株式投資SNSサイト「みんなの株式」の「ネット証券ランキング 手数料部門」で4年連続第1位を獲得しています。

投資をする上でコストの差は運用成績に大きく響くため、手数料重視の方はライブスター証券で決まりです。

また、ライブスター証券は口座開設後約2か月間は現物、信用取引の手数料が無料です。


GMOクリック証券

手数料の安さは2番手ですが、GMOクリック証券だと「貸株サービス」が利用できます。

→「ネット証券の貸株はオススメです」

私も貸株サービスを使っていますが、配当金以外の収入は株の長期ホルダーにはありがたいです。

GMO系列だけあってシステムが非常に使いやすいです。投資情報や分析ツールもレベルが高いのでオススメです。

また、GMOクリック証券は口座開設後約3ヵ月間は株の現物取引の手数料が無料です。


私はアメリカ株も取引きするため、アメリカ株に強いSBI証券とマネックス証券を最近ではよく使っていますが、昨年までは日本株が中心だったため、ライブスター証券とGMOクリック証券をメインで使っていました。

日本株取引ならこの2社だけで十分だと思います。

コストが安く、本当にオススメできる証券会社なので今回紹介させていただきました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク