日経平均レバレッジ(1570)よりもCFDを勧める理由

「日経平均レバレッジ上場投信(1570)」は株式の売買代金上位の常連です。

個別の株を買うよりも、日経平均全体の値動きに投資する方が分かりやすかったり、決算を気にせずに取引できるので人気があります。

また、日経平均株価の約2倍の値動きをするということで、レバレッジを効かせた取引が可能なことも人気の理由です。

ただ、私は自分の失敗体験から、レバレッジ型の投資信託(ETFも投資信託です)はお勧めしません。

レバレッジ型の投資信託ではなく、CFDで日経平均株価に投資することをお勧めします。

スポンサーリンク


レバレッジ型投資信託をお勧めできない理由
レバレッジ型の投資信託をお勧めできない理由は、「一本調子の上昇(または下落)がストップし、その後株価があまり動かない日々が続くと、レバレッジ型の投資信託は値下がりする仕組みになっている」からです。

例えば、日経平均株価が20,000円の時にレバレッジ型の投資信託を1口10,000円で買ったとします。

買った直後に日経平均株価が大きく下がってしまい、1年後にやっと20,000円を回復したので、レバレッジ型の投資信託を売却したとします。

買った時と売った時の日経平均株価は同じ20,000円でも、レバレッジ型の投資信託は1口10,000円では売れません。

価格はかなり安くなっているはずです。

このカラクリは過去の記事に書いています。

→過去記事「2度と買わないブル・ベアファンド」

CFDだとこのような現象は起きないため、私はレバレッジ型の投資信託よりもCFDをお勧めします。

CFDとは
CFDとは、売買の差額の部分だけを現金で決済する取引のことです。 また、レバレッジを効かせた証拠金取引であるため、手持ち資金よりも大きな金額の取引ができます。

※GMOクリック証券より資料抜粋

FXをしたことがある方はイメージしやすいと思いますが、FXもCFDの一種です。

FXの場合は「為替」のみ取引可能ですが、CFDの場合は世界中の「個別株」「株価指数」「商品」「債券」など、非常に幅広い対象に投資できます。

NYダウのような「株価指数」や金のような「商品」に投資できるのです。

【レバレッジを効かせることによって、効率よい運用が可能です】

CFDの魅力であるレバレッジを効かせることによって、少ない資金で大きなお金を動かすことができます。

投資信託やETFに投資するよりも、何倍も資金効率が良い運用ができます。

※証拠金が少なすぎるとロス・カットになる可能性が高まるため、できればレバレッジは3倍くらいに抑えたいです。

【オススメのCFD業者】

CFD取引ができる業者はたくさんありますが、私は「GMOクリック証券のCFD」「DMM.com証券のCFD」をオススメします。

銘柄数が絞り込まれていることもあり、いずれも見やすく、使いやすい取引画面となっています。

「GMOクリック証券」と「DMM.com証券」はFXの取引高で世界第1位、第2位を争っている会社のため、CFD取引はこの2社をカバーしておけば問題ないはずです。

GMOクリック証券【CFD】

株価指数以外に、米国株と中国株の個別株のCFD取引が可能です。

Apple、Amazon、テスラ、アリババ、チャイナモバイル(中国移動)、ペトロチャイナ(中国石油天然気)といった有名銘柄が合計80銘柄以上、手軽に売買できるようになっています。
外国株訴求B

DMM CFD

最新のスピード注文系システムが自慢です。

取引ツールが「DMM CFD ADVANCE」、「DMM CFD BASIC」、「DMM CFD MINI」と3種類用意されていますが、これらは多くのFXトレーダーになじみが深い【DMM FX】の取引ツールにそっくりです。

たとえば、「DMM CFD ADVANCE」は「DMM FX ADVANCE」と似ていて、最近流行しているスピード注文系の取引画面になっています。CFDでこの取引環境が整っているのは貴重です。


余裕を持った証拠金で取引することが大前提ですがCFDは本当にオススメできる投資だと思うので今回紹介しました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク