エヌビディア(NVDA) 絶好の買い場到来か?

エヌビディア(NVDA) 絶好の買い場到来か?

エヌビディアの株価ですが、野村證券の目標株価引き下げを受け、このところ調整していました。

現在は100ドルを挟んでの動きとなっています。

株価の動きを見ると、100ドル以下では買いが入っており、株価調整も落ち着いたように感じます。

エヌビディアの株価ですが、ゴールドマンサックスの目標株価引き上げで急上昇し、野村證券の目標株価引き下げで調整するという、荒い動きを繰り返していますが、業績の伸びや将来性を考えると株価の上昇トレンドはまだまだ続くと見ています。

保有中の他の半導体関連銘柄は順調に高値を更新しており、エヌビディアの株価が回復するのも時間の問題だと思います。

スポンサーリンク

業績の伸びも問題なし

2月9日に発表された2017年1月期四半期決算(2016年11月~2017年1月までの1年間)では、売上高が前年比38%増、営業利益が28%増と好調な業績も確認できました。

エヌビディアとの提携企業も増えており、今後の業績拡大は今まで以上に期待できます。


今後数年間はAI(人工知能)関連が市場のテーマとなり、AI関連ファンドの新規設定も続くと思います。

エヌビディアは多くのファンドに組入れられることが期待されるため、今回のような調整局面はチャンスと捉えて買っておきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク