ストレスがないのが積立投資の魅力。改めて実感しました。

私は企業型の確定拠出型年金に2016年4月から加入しており、毎月27,500円が給与から天引きされています。

積立てた資金は60歳まで引き出すことができないので、今どうなっているか等ほとんど気にはならないのですが、今回チェックしてみました。

(確定拠出年金加入者サイトDCなび より)

今まで41万円くらいを積立てており、現在46万円くらいになっています。

積立投資は最初に投資先と金額を決めたら後は何もすることがないため、正直投資をしている実感は全くありません。楽しみもなければストレスもないですが、投資を続けるためにはこれが一番なのかもしれません。

自分の判断で買ったり売ったりする投資だと、もちろん買った商品が下がればストレスですが、上がったら上がったで今度は売り時に悩んだり、売った後にその商品が値上がりしたらまたストレスになったりと、色々疲れるものです。

その点、積立投資だとストレスなく投資を続けることができます。

スポンサーリンク

私は現在確定拠出年金で投信積立てをしていますが、確定拠出年金以外でも去年までは給料の一部でインデックス投信へ積立投資をしていました。

今年に入って始めた米国株への投資のためにそれまで積立てしていた投信を全て売却してからは投信積立自体ストップしていますが、また再開するつもりでいます。

今回は特別目新しいことは何もないのですが、私自身積立投資の魅力を改めて考えることができたためブログに残しておきました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク