資産の半分をS&P500連動のETF「バンガード500インデックスファンド」にすることにしました。

以前、今年に入っての米国株運用の成績がS&P500等のインデックス(以下インデックス)に負けているという記事を書きました。

→「気づいてしまいました。インデックスに負けていることを。。」

ハイテク成長株を中心に売買し、自分ではけっこう上手くいっていると思っていたのですが、まさかの結果でした。

スポンサーリンク

私が個別株を買う時は、長期上昇トレンドの株の中から業績が右肩上がりで伸びている会社を探します。そして最後は勘にも頼りますが、将来性を考えた上で投資します。

マーケットの環境が良かったこともありますが、今年買った米国株は全て上場来高値を更新し続けています。

ではなぜ私の運用成績はインデックスに負けたのでしょうか。

おそらく、いや確実に、短期売買による無駄なコストが運用成果を悪化させたことが原因だと思います。

私はいつも長期保有するつもりで株を買うのですが、買ったら満足してしまい、ちょっとでも値上がりしたらすぐに売却してしまっていました。

そして別の株を買う、もしくは売却した株を買い戻すという作業を繰り返したことから、無駄な手数料や税金を支払い、結果として運用パフォーマンスを悪化させていました。

だったら個別株を売らなければ良いという結論になるのですが、当然個別株は値動きが大きく、私の弱い性格からどうしても売りたい衝動に駆られてしまいます。。

スポンサーリンク

自分の弱い部分をカバーするためにも、運用にインデックス投資を取り入れることにしました。

今は資産の100%が個別株になっていますが、仮に半分をインデックスにすれば、個別株の投資比率も半分に下がります。

値動きの大きな個別株への投資比率が下がれば、株価が多少動いても資産全体に与えるインパクトはそれほど大きくないため、今までみたいに焦って売るといった衝動に駆られることも少なくなるのではないかと考えました。

はい、今後は資産の半分をインデックスに、残りを個別株に投資します。

スポンサーリンク

ということで、さっそくS&P500に連動するETFであるバンガード500インデックスファンド(VOO)を買うことにします。

(あまりにも有名なETFのためVOOについての説明は省略します。)

投資の世界に正解は無いと思っていますが、自分に合った投資スタイルを模索しながらこれからも楽しんでやっていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク