SBI中小型割安成長株ファンド(愛称:ジェイリバイブ)を買いました。

投資信託の中で現在最も強いと思う『SBI中小型割安成長株ファンド(愛称:ジェイリバイブ)』を買いました。

『SBI中小型割安成長株ファンド(愛称:ジェイリバイブ)』を買いました。

ジェイリバイブには年1回決算型と年2回決算型の2種類があります。

年1回決算型の方が「ジェイリバイブ」と呼ばれ、年2回決算型は「ジェイリバイブ2」と呼ばれています。

「ジェイリバイブ」だと口数指定での買付しかできないため、私は金額指定で買付ができる「ジェイリバイブ2」の方を買いました。

→ジェイリバイブについて詳しく書いた過去記事はコチラ

スポンサーリンク

ジェイリバイブを買った理由は、含み損を抱えた日本株と損益通算させるため

今回ジェイリバイブを買った理由は含み損を抱えている日本商業開発(3252)と損益通算させるためです。

日本商業開発は2年前に成長株だと思って投資したのですが、思惑は外れたようです。現在15%程の含み損を抱えています。

国内の不動産関連株には今後あまり期待できないと考えており、損切りするつもりです。ただ日本商業開発は配当と優待だけは魅力的なため来年3月に権利を取った後に売却する予定です。

2年以上保有した日本商業開発をただマイナスで終わらせるのも悔しいので、何か日本株のプラスと合わせて損益通算したいと考えました。

で、すぐに思いついたのがジェイリバイブです。

ジェイリバイブは投資信託ですが、日本株に変わりはないのでそこは気にしません。

スポンサーリンク

ジェイリバイブは信託報酬が1.8%以上かかるため、長期保有するには少し考えてしまいますが、これまでの運用実績は手数料も気にならないくらいの驚異的なパフォーマンスです。

(SBI証券より)

今後も同じパフォーマンスを出せる保証はないですが、下手に個別株へ投資するよりもジェイリバイブへ投資した方が確実に利益は出せると思っています。

国内の中小型株が中心なので為替の影響は小さく、円高で日経平均株価がマイナスの時でもジェイリバイブはプラスということもザラにあります。

今回は長期投資目的ではなく、あくまで日本商業開発のマイナス部分を補うために買ったものですが、私の知っている投資信託で現在ナンバー1だと思っているジェイリバイブには期待しています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク