別府温泉&熊本に行ってきました。

湯布院温泉に行ってきました。の続きです。

2日目 杉乃井ホテル編

湯布院から次の目的地である別府へ移動です。

大分駅を経由して普通電車で約1時間、別府駅に着きました。

予約していた杉乃井ホテルまでは別府駅からシャトルバスが出ているのでそのまま乗り込みました。

(写真を撮っていなかったため、杉乃井ホテル公式HPの写真です。)

シャトルバスに乗って10分くらいで杉乃井ホテルに到着です。

写真はないですが、別府市内が一望できる高台に立つとても大きなホテルでした。カラオケやボーリング場、ゲームセンターなどもあり、ホテル全体が娯楽施設になっています。

スポンサーリンク

私たちが今回杉乃井ホテルを選んだ1番の理由はバイキングです。

杉乃井ホテルは夕食と朝食のバイキングが有名で、シェフが目の前で仕上げるライブ料理が充実しているとのこと。お腹を空かせてその時を待ちました。

17時、待ちに待ったバイキングのスタートです。

(会場の写真を撮っていなかったため、こちらも杉乃井ホテル公式HPの写真です。)

1,000円追加して食べた関アジです。プリプリモチモチしていて最高でした。

バイキング会場の照明が青かったため写真だと美味しそうに伝わらないかもしれませんが、本当に美味しかったです。

お腹がはち切れそうなくらい食べた後は温泉です。

今回の旅の目的はゆっくりすることだったので、大浴場ではなく家族風呂を予約して入りました。

2日目終了です。

スポンサーリンク

3日目 地獄めぐり編

朝もバイキングです。

お腹いっぱいになった後は別府名物の地獄めぐりです。

別府地獄の中でも最大規模を誇る海地獄から回ります。

温泉の成分なのか、地面が滑りやすかったです。

地獄蒸し焼きプリン。ふわふわで美味しかったです。

スポンサーリンク

次は鬼石坊主地獄(おにいしぼうずじごく)

ボコッボコッと音を立てながら噴出する灰色の熱泥は、まさに坊主頭でした。

次は白池地獄(しらいけじごく)

最初に海地獄を見たせいか、白池地獄のインパクトは少し弱かったです。

園内には温泉熱を利用した魚館がありました。

地獄めぐりのコースは他にもあるのですが、今回は時間の問題で3つだけ回りました。

地獄めぐりの後はレンタカーで熊本城と馬刺しを求めて熊本に向かいました。

熊本に着いたのは夜でした。

杉乃井ホテルの朝食バイキングのおかげでお腹が空かなかったため、その日はビジネスホテルで寝るだけにしました。

スポンサーリンク

最終日 熊本編

熊本で行きたかったお店がここ、「天國」(てんごく)です。

常に上質の馬肉を追求し、最高の馬料理が食べられることで有名です。

ヒレステーキ定食と馬刺です。汁物は馬汁。野菜以外すべて馬です。

臭みも全くなく、やわらかくて最高に美味しかったです。

調子に乗って握りも頼んでしまいました。

調子に乗って大正解。一瞬でなくなりました。

馬料理で大満足した後は熊本城に向かいました。

熊本地震の被害を受けた熊本城はまだ復旧工事の最中でした。

 

熊本城を一周し、旅の最後に向かったお店がここです。

(有)村上カラシレンコン店

路面電車の通りに面し、操業50年を超える老舗のカラシレンコン店です。

テレビなど多くのメディアに取り上げられる有名店だけあって芸能人の写真やサインがたくさんありました。

写真はありませんが、ピリ辛で美味しかったです。

お土産にも買って帰ったので、ビールと一緒に楽しみます。

スポンサーリンク

村上カラシレンコン店で今回の旅行は終了です。

帰りは熊本駅からつばめという新幹線で博多駅まで帰りました。

(ここにもキスマイが。)

今回は3泊4日の旅でした。

温泉にも入って、美味しいものもたくさん食べて、最高な旅行でした。

心身ともにリフレッシュできたので、また明日から頑張ります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

今回は国内航空券エアーズゲートというサイトを使って飛行機を予約しました。

同じ路線でも航空会社で値段が異なる各種国内線の格安航空券を一覧で比較できるため、
最安値の激安航空券を見つけやすいサイトとなっています。
本当にオススメです。

国内航空券エアーズゲート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク