高配当株、買うならこの3銘柄で決まりです。

ショー太です。

私は米国の成長株を中心に投資していますが、これから少しずつ高配当株も買っていこうか検討中です。

→現在の保有株はコチラ

というのも、今は資金ができる度に米ドルを買って株の待機資金を作っているのですが、今後米ドルが上がっていけば気持ち的に買いづらくなるので、高配当株に米ドルを産んでもらおうというのが1番の理由です。

私が高配当株を買うにあたり優先するポイントは、配当源泉税のかからないADRの中から業績の安定している株を選ぶということです。

通常、米国株から発生する配当金には現地(米国)で10%の配当源泉税が引かれて、その後に国内(日本)で20.315%の税金が引かれるという残念なシステムとなっています。

ただ、ADRだと10%の配当源泉税が引かれずに済む場合があるのです。

スポンサーリンク

そもそもADRというのは「American Depositary Receipt」の略で、日本語訳は「米国預託証券」です。

どういうものかと言えば、米国以外の国で設立された企業が発行した株を裏付けとして、米国で発行される有価証券のことです。中国企業のアリババ(BABA)株を米国のマーケットで買うことができるのがまさにこれです。

話を配当源泉税に移します。

国によって配当源泉税率は異なり、税率が0%の国で設立された企業が米国で発行する株(ADR)の配当には配当源泉税がかからないのです。つまり、配当を受け取った時に引かれるのは国内(日本)の20.315%の税金だけです。

日本株で配当をもらった時も20.315%の税金はかかるので、税制面で損といった状態は無くなります。

(ちなみにイギリス、オーストラリア、香港、シンガポール、ブラジル、インドは配当源泉税率が0%です。)

私が米国の高配当株を買うにあたり、配当源泉税のかからないADRの中から選ぶというのはまさにこのためです。

スポンサーリンク

ということで、配当源泉税率0%のADRを色々調べた結果、買うとすればこの株かなというのが3銘柄見つかったので紹介します。

①ウエストパック銀行(WBK)

オーストラリアの4大銀行の1つで、オーストラリアで最も長い歴史を持つ銀行です。2016年時点の資産規模でオーストラリア国内第2位、ニュージーランドでも2番目に大きな銀行です。配当利回りはなんと5.95%。業績も毎年安定しているため、安心して持てる優良株ではないでしょうか。

②アストラゼネカ(AZN)

イギリスの製薬会社です。世界の製薬会社の中でも売上高はトップ10に入るほどの大手企業です。

配当利回りは4.18%と高く、業績も安定しています。株価の動きは少し荒いですが、配当目当てで買う分にはそれほど気にしなくてもよいでしょう。

③ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

イギリスのタバコメーカーです。「ラッキーストライク」、「ケント」といった代表銘柄は日本でも有名です。

配当利回りは4.30%。タバコビジネスだけあり、業績はさすがの安定感です。毎年潤沢なフリー・キャッシュ・フローを生み出しているため、減配の心配も必要なさそうです。

高配当株ホルダーに人気の理由が分かります。

スポンサーリンク

以上、高配当株を買うとすればこの株かな、という3銘柄を紹介しました。

どれも配当源泉税のかからないADRかつ業績の安定している株です。

ポートフォリオへの追加を前向きに検討したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

正月の空き時間にどうですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク