保有株の現状報告 2018年1月13日

①フェイスブック(FB)

株価179.37ドル(買値165.13ドル)

騰落率+8%

②アルファベット(GOOGL)

株価1,130.65ドル(買値963.22ドル)

騰落率+17%

③アリババ(BABA)

株価187.79ドル(買値176.87ドル)

騰落率+6%

④セールスフォース・ドットコム(CRM)

株価110.24ドル(買値104.04ドル)

騰落率+6%

⑤インテュイティブ・サージカル(ISRG)

株価419.04ドル(買値377.34ドル)

騰落率+11%

⑥アライン・テクノロジー(ALGN)

株価241.07ドル(買値237.21ドル)

騰落率+9%

⑦アリスタ・ネットワークス(ANET)

株価259.03ドル(買値224.22ドル)

騰落率+15%

⑧コグネックス(CGNX)

株価67.91ドル(買値64.32ドル)

騰落率+5%

⑨ペイコム・ソフトウェア(PAYC)

株価88.75ドル(買値79.28ドル)

騰落率+12%

保有株についての詳しい紹介はコチラ

今週はインテュイティブ・サージカル(ISRG)やアライン・テクノロジー(ALGN)、ペイコム・ソフトウェア(PAYC)といった小型株が大きく上昇した一方、保有比率が最も多いフェイスブック(FB)が大きく下げました。

スポンサーリンク

フェイスブックは11日、ユーザーが日々閲覧する「ニュースフィード」と呼ばれる主要ページのデザイン変更の一環として、友人や家族の投稿を優先的に表示させる一方、メディアやブランドなどからの広告以外のコンテンツ表示を減らすと発表。ユーザーの使用時間などが一時的に減る可能性が指摘され、12日の株価は4.5%の大幅下落となりました。

(SBI証券:フェイスブックの1ヵ月チャート)

フェイスブックを宣伝活動の場ではなく、従来の「つながりの場」に戻そうという試みから今回の発表に繋がったのだと思いますが、フェイスブックの売上高の9割は広告収入が占めています。今回の発表は株価を下げる十分な理由になるでしょう。

ただ、偽ニュース問題などの批判が高まっている今、このまま何もせずに放っておくとユーザー離れを招いてしまう恐れがあったのも事実です。フェイスブックの長期的な成長をにらんだ経営判断だと考えれば、今回の下落はむしろ押し目買いのチャンスなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

保有株の多くは1月末から2月にかけて決算発表が予定されています。

内容次第では波乱もあるとは思いますが、今年の投資方針は「売らないこと」。

過去記事→2018年の投資方針は「買ったら売らない」ことです。

保有している株はどれも数倍になると信じて買ったものばかりなので、短期的な値動きはあまり気にせず、ガチホを貫きたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

【さいごに】

今年からビットコイン投資も始めました。

→ビットコイン購入のため、Coincheckにアカウントを登録しました。

相変わらず値動きが大きいビットコインですが、トレンドはまだ上だと考えています。たまにある急落チャンスに備えてCoincheckにアカウントを登録しました。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク