保有株の現状報告 2018年2月10日

①フェイスブック(FB)

株価176.11ドル(買値165.13ドル)

騰落率+6%

②アルファベット(GOOGL)

株価1,046.27ドル(買値963.22ドル)

騰落率+8%

③アリババ(BABA)

株価176.67ドル(買値176.87ドル)

騰落率+0%

④セールスフォース・ドットコム(CRM)

株価106.98ドル(買値104.04ドル)

騰落率+3%

⑤インテュイティブ・サージカル(ISRG)

株価392.91ドル(買値377.34ドル)

騰落率+4%

⑥アライン・テクノロジー(ALGN)

株価229.37ドル(買値237.21ドル)

騰落率-3%

⑦アリスタ・ネットワークス(ANET)

株価272.55ドル(買値231.31ドル)

騰落率+18%

⑧コグネックス(CGNX)

株価55.02ドル(買値64.32ドル)

騰落率-14%

⑨ペイコム・ソフトウェア(PAYC)

株価83.35ドル(買値79.28ドル)

騰落率+5%

保有株についての詳細はコチラ

スポンサーリンク

今週もガッツリ下げましたね。

米国の金利上昇を警戒して、世界同時株安が止まりません。

ショー太のポートフォリオはなんとか年初来でプラスを維持していますが、来週には地下に潜っているかもしれません。。

投資家の恐怖心理を示す指標として使われるVIX指数(ボラティリティ・インデックス)は高止まりしており、来週以降も波乱の展開が予想されます。

(ブルームバーグより:VIX指数のチャート)

昨年のVIX指数は10ポイント~16ポイントで推移していましたが、現在は30ポイント近くまで上昇。

米国の税制改革、インフラ投資、国防費などの予算引上げなどから国債(借金)の増発は避けられず、さらなる金利の上昇(債券価格の下落)を投資家は心配しているようです。

スポンサーリンク

何はともあれ今のように市場が荒れている時は何もしないのが一番。

成行に任せましょう。

短期的にみれば金利の上昇は株価に取ってマイナスかもしれませんが、長期でみるとあまり意味のない議論だと思っています。

(SBI証券より:S&P500と米国10年国債利回りの比較チャート)

無限上昇トレンドの米国株。放っておけばそのうち上がるでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

私は個別株以外だとCFDでNYダウへも投資しています。

→「インデックス投資でアーリー・リタイアを目指している人はNYダウへのCFD投資がオススメです。」

CFD取引ができる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】を使っています。

GMOクリック証券【CFD】では、日経平均株価やS&P500などの株価指数以外に、アマゾンやフェイスブックなどの米国株や、テンセントやチャイナモバイルといった中国株が80銘柄以上売買できるようになっています。

FXのようなレバレッジ取引は怖くて手が出せないという人も多いと思いますが、レバレッジをかけすぎないように余裕を持った証拠金で取引すれば、CFDは決して怖いものではありません。

チャンスが来た時にすぐ取引できるよう、口座だけでも持っておくのも良いでしょう。

外国株訴求B

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク