レガシーを作りたいトランプ大統領。米朝首脳会談まではFXでドル買いもあり?スワップ金利も2%近く取れますよ!

ショー太です。

ここのところ、米ドル/円の方向感が変わってきたような気がします。

ザイFX!より:米ドル/円の日足チャート 4月30日現在)

1ドルが105円にタッチしてからはゆっくりとドル高に動いていますね。

北朝鮮やシリアに対する地政学リスクの後退や貿易戦争に対する過度な警戒感が薄れてきたことも影響しているようですが、一番の理由は日米の金利差拡大にようやく為替が反応してきたことではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドル円相場は日米金利差と相関が強いと言われます。

2017年の10月くらいまではドル円相場は日米金利差と同じ方向に動いていましたが、その後は逆の方向に動くようになりました。

(日経ヴェリタス 2018年4月29日~5月5日号より)

北朝鮮のミサイル実験や、トランプ大統領の度重なる保護主義発言から市場の警戒感が高まっていたことが要因だと考えられます。

ただ、ここにきてその警戒感もかなり薄れてきたように思われます。

特に、米朝首脳会談はインパクトが大きいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マーケットは改めて日米金利差の拡大に注目し、円を売ってドルを買う動きを加速しているように感じます。(日米の長期金利の差は25日時点で2.972%と、約11年ぶりの大きさまで拡大。)

ここからFXで米ドル買いもおもしろいのではないでしょうか。

私はSBI FX TRADEを使っていますが、米ドル/円のスワップ金利は約1.7%まで上昇しています。(2018年4月30日現在)

米国は今後も金利を引き上げる予定なので、近いうちにスワップ金利も2%を超えるでしょう。米ドルもなかなかの高金利通貨になってきましたね。

スポンサーリンク

そして、なんといっても史上初の米朝首脳会談

トランプ大統領は秋の中間選挙に向けてレガシーを作りたいはず。

歴代の大統領が実現できなかったことを実現すれば、間違いなくレガシーとして名を残せるのです。

超一流のビジネスマンであるトランプ大統領は実現させるのではないでしょうか。

米朝首脳会談が実現すれば、一時的かもしれませんが大きくドル高、株高が進むと思います。

今から米朝首脳会談(6月頃?)まではFXでドル買い政略もありかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【参考に】

ザイFX!は一番売れている月刊マネー誌『ダイヤモンドZAi』が発信する外国為替専門サイトです。

30通貨ペアを網羅した「為替チャート」や「リアルタイム為替ニュース」、最新スペックをいち早く比較できる「FX会社徹底比較!」など、刻々と更新される豊富なコンテンツを提供しています。
FX ポータルの

【おまけ】

私はスプレッドが業界で最も狭い水準なのと、スワップ金利が業界で最高水準であることからFX業者はSBI FX TRADEをメインで使っていますが、SBI FXトレード 積立FXだと定期的に外貨を自動購入し、長期的な外貨運用が可能です。

日々レートを確認する必要がなく、投資タイミングを分散することでリスクを抑えた取引が可能になります。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク