保有中の米国株 今週の値動き(2018/7/14)

ショー太のポートフォリオは週間で約4%の上昇でした。

7月11日にトランプ政権が中国に対して2000億ドル相当の追加関税リストを公表した時はヒヤっとしましたが、思ったほどリスクオフの流れにならなくてホッとしました。

いまは貿易戦争の懸念よりも企業決算への期待の方が勝っているようです。

特にハイテク株への期待は高く、ナスダック総合指数は最高値を更新しています。

スポンサーリンク

来週の決算発表で注目しているのはネットフリックス(NFLX)です。

株価は年初から110%も値上がりしていることから、UBS(スイスの投資銀行)は先日、ネットフリックスを巡る好材料はすでに「すべて織り込み済み」と指摘し、投資判断を引き下げています。

また、ドイツ銀行(ドイツの投資銀行)は、「契約者数の伸びが予想を下回る可能性がある」との見通しを示しており、決算発表後に現在の投資評価を見直すとしています。

(ちなみに、ドイツ銀行の現在の投資判断は「バイ」、目標株価は360ドルです。)

(以下、チャートは全てYahoo Finance)

ネットフリックスは週明けの16日に第2四半期決算を発表します。

発表後の株価の動きは他のハイテク関連株にも影響しそうなので、最近出てきた弱気なアナリスト予想を一転させるような好決算を発表してほしいところです。

スポンサーリンク

話は変わりますが、私の保有しているアリスタ・ネットワークス(ANET)が昨日4%以上値下がりしました。

アマゾン(AMZN)のクラウドサービス部門であるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が法人向けに自社製ネットワークスイッチの販売を検討していると報じたことが原因のようです。

価格は業界トップのシスコ製と比較して7~8割引きという噂も。。

もちろんシスコ株も下がってます。

アマゾンこわい。。

ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【ショー太のポートフォリオ】


個別株の詳細はこちら

  • フェイスブック(FB)4%
  • アルファベット(GOOGL)5%
  • アリババ(BABA)6%
  • セールスフォース(CRM)11%
  • インテュイティブ(ISRG)9%
  • アライン・テクノロジー(ALGN)9%
  • アリスタ・ネットワークス(ANET)19%
  • ペイコム(PAYC)14%
  • コグネックス(CGNX)3%
  • アドビ(ADBE)10%
  • イートレード(ETFC)9%

【おまけ】

私は米国株の取引にCFDも利用しています。

CFDだと「買い」だけではなく「売り」からも入れるため、「S&P500買い」「日経平均売り」といったヘッジ取引も可能です。マーケットが調整する時は米国株よりも日本株の方が大きく下がる特徴があるため、このヘッジ取引は効果的ですよ。

CFD取引ができる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】を使っています。

GMOクリック証券【CFD】では、日経平均株価やS&P500などの株価指数以外に、アマゾンやフェイスブックなどの米国株や、テンセントやチャイナモバイルといった中国株が80銘柄以上売買できるようになっています。

FXのようなレバレッジ取引は怖くて手が出せないという人も多いと思いますが、レバレッジをかけすぎないように余裕を持った証拠金で取引すれば、CFDは決して怖いものではありません。

チャンスが来た時にすぐ取引できるよう、口座だけでも持っておくのも良いでしょう。

外国株訴求B

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク