配当源泉税のかからないおすすめ高配当ADR10銘柄を紹介します。

ショー太です。

今回は、配当源泉税のかからないおすすめ高配当ADRを10銘柄紹介します。

そもそもADRというのは「American Depositary Receipt」の略で、日本語訳は「米国預託証券」です。

どういうものかと言えば、米国以外の国で設立された企業が発行した株を裏付けとして、米国で発行される有価証券のことです。中国企業のアリババ(BABA)株を米国のマーケットで買うことができるのがまさにこれです。

スポンサーリンク

少しADRのメリットについて話をします。

米国株は日本株に比べて高配当な銘柄が多いため魅力的ですが、税制面で日本株よりも不利なことがあります。

配当源泉税が引かれてしまうことです。

米国株の配当金には現地(米国)で10%の配当源泉税が引かれて、その後に国内(日本)で20.315%の税金が引かれるという残念なシステムになっているのです。

ただ、ADRだと配当源泉税が引かれずに済む場合があります。

国によって配当源泉税率は異なり、税率が0%の国で設立された企業が米国で発行する株(ADR)の配当には配当源泉税がかからないのです。

つまり、配当を受け取った時に引かれるのは国内(日本)の20.315%の税金だけです。

日本株で配当をもらった時も20.315%の税金はかかるので、税制面で損といった状態は無くなります。(ちなみにイギリス、オーストラリア、香港、シンガポール、ブラジル、インドは配当源泉税率が0%です。)

高配当株への投資を検討している人は、配当源泉税のかからないADRでポートフォリオを組むのもおもしろいかもしれませんね。

ということで、配当源泉税のかからないおすすめ高配当ADRを10銘柄紹介します。(配当利回りは将来約束されたものではないということはご理解ください。)

スポンサーリンク

①ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)

配当利回り5.62%(イギリス)

イギリスのエネルギー企業。主に石油・ガスを扱っています。

欧州、米国、カナダ、ロシア、南米、オーストラリア、アフリカで事業を展開する大手で、天然ガスを利用する太陽光発電や風力発電などの代替エネルギー事業も手掛けています。

(データは全てSBI証券)

②BTグループ(BT)

配当利回り6.96%(イギリス)

イギリスの大手通信業者。世界170カ国以上で事業を展開しています。

固定回線、ブロードバンド、携帯電話やテレビなど、ネットワーク接続された情報技術(IT)サービスを提供しています。

③ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

配当利回り4.84%(イギリス)

イギリスのタバコメーカーです。「ラッキーストライク」、「ケント」といった代表銘柄は日本でも有名です。

増収・増益が続いている安定企業のため、安心して投資できそうです。

スポンサーリンク

④グラクソ・スミスクライン(GSK)

配当利回り5.32%(イギリス)

イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つ製薬メーカーです。

ワクチン、市販薬(OTC)及び健康製品等の医薬品の開発、製造及び販売を行っています。

⑤HSBCホールディングス

配当利回り5.47%(イギリス)

イギリスの4大銀行の1つです。

1865年に当時の植民地である香港に設立したのが始まりで、歴史のある銀行です。

現在は欧州、香港、アジア太平洋(香港を除く)、中東、北アフリカ、北米、中南米で幅広く事業を展開しています。

⑥ナショナル・グリッド(NGG)

配当利回り5.82%(イギリス)

公共事業持株会社です。

イギリス全域で電力の送配電及びガスの貯蔵・輸送事業を行っています。

また、米国でも事業を展開しており、ニューヨークやニューイングランドにも電気やガスを供給しています。

スポンサーリンク

⑦ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB)

配当利回り5.49%(イギリス)

オランダのハーグに本拠地を置くオランダとイギリスの石油持株会社です。

原油や天然ガスの探鉱と生産のほか、ガスの液化と輸送などを行っています。

欧州、アジア、オセアニア、アフリカ、北米、南米で事業を展開する大手で、風力発電、代替エネルギー事業、石油製品と化学品の製造や販売なども手掛けています。

⑧リオ・ティント(RIO)

配当利回り8.08%(イギリス)

イギリスの鉱業会社です。

主にオーストラリア、北米、南米、アジア、欧州、アフリカにおいて鉱物資源を発掘・製錬しています。

主要製品は鉄鉱石、アルミニウム、銅、ダイアモンド、石炭、ウラン、金など。

⑨ウエストパック銀行(WBK)

配当利回り6.58%(オーストラリア)

オーストラリアの4大銀行の1つで、オーストラリアで最も長い歴史を持つ銀行です。2017年時点の資産規模でオーストラリア国内第2位、ニュージーランドでも2番目に大きな銀行です。フリーキャッシュが潤沢な企業のため、安心して持てる優良株ではないでしょうか。

⑩チャイナ・モバイル(CHL)

配当利回り4.63%(香港)

中国携帯電話事業者(キャリア)です。中国企業ですが、香港の税率が適用されるため配当源泉税はかかりません。

チャイナ・モバイルは、中国最大手のキャリアであり、世界最大規模のキャリアでもあります。現在はIoT(モノのインターネット化)事業にも力を入れています。

スポンサーリンク

以上、簡単ですが配当源泉税のかからないおすすめの高配当ADR10銘柄を紹介しました。

高配当株への投資を検討している人のお役になれば嬉しいです。

ポチっと押して頂けるともっと嬉しいです。

【おまけ】

オススメ投資本です。

株初心者も資産が増やせる高配当株投資 (高配当&堅実成長で値上がる銘柄の探し方)

藤本壱 自由国民社 2018-07-12
売り上げランキング : 26989

by ヨメレバ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク