保有中の米国株 今週の値動き(2019/12/21)

ショー太の米国株は週間で約2%上昇しました。

S&P500も2%、ナスダック100は3%上昇し、それぞれ高値更新で終わっています。

今年の2大懸念要因だった米中貿易摩擦とイギリスのEU離脱問題が先週あたりから緩和方向に向かったことで、今週も世界的に株高でした。

今年も残すところあと1週間ちょっとですが、このままいきそうな感じですね。

去年の今頃は米中貿易戦争の影響で世界的に株価が急落していて、2019年の相場がどうなるか心配されましたが、大きく上がってくれて良かったです。

【S&P500】

(Yahoo Finenceより)

前回「2020年は個別株を無くしてETFで運用するつもりです。」という記事を書きましたが、色々あって今持っている個別株は少しずつETFにしていくつもりです。

今はナスダック100(QQQ)とS&P500(VOO)のETFを買っていますが、構成銘柄と比率を考えるとS&P500は外しても良いかなとも考えています。

本当はナスダック100ETF(QQQ)とブラックロックが出している米国の医療機器メーカーで構成されたETF、「iシェアーズ米国メディカルデバイセズETF(ティッカー:IHI)」でポートフォリオを組みたいのですが、IHIは今のところSBI証券では扱っていなくて、マネックス証券じゃないと買えないみたいです。

マネックスで買っても良いのですが、メインで使っているSBIから資金を移動するのが面倒なのでどうしようか迷い中。

ちなみにこのIHIの上位構成銘柄はこんな感じです。

私も投資しているインテュイティブ・サージカル(ISRG)は組み入れの上位5番目に入っています。

あと、IHIの過去5年のパフォーマンスはナスダック100(QQQ)よりも良いです。

(Google Financeより 青:IHI 赤:QQQ

個人的にはハイテクと医療(特に医療機器)のミックスが最強だと思っているので、IHIがSBI証券で買えたら間違いなく買うのですが。

今だと米ドル購入手数料も無料にしているみたいだし、マネックス証券で買ってもよいかな。

【追記】

再度確認したところ、マネックス証券では「iシェアーズ米国メディカルデバイセズETF(ティッカー:IHI)の取り扱いはしておりませんでした。(2019年12月22日現在)

間違った情報をお伝えしてしまい申し訳ございません。

(マネックス証券の取引ツールであるトレード・ステーションには表示されたので買えるものだと勘違いしました。。)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【ショー太の米国株ポートフォリオ】

個別株の詳細はこちら

  • ヴィーバ・システムズ(VEEV)5%
  • クオリス(QLYS)7%
  • セールスフォース(CRM)5%
  • インテュイティブ(ISRG)4%
  • アライン・テクノロジー(ALGN)6%
  • アリスタ・ネットワークス(ANET)3%
  • ペイコム(PAYC)6%
  • ペイパル(PYPL)5%
  • アドビ(ADBE)4%
  • S&P500ETF(VOO)20%
  • ナスダック100ETF(QQQ)34%

【おまけ】

私は長期での資産運用は現物株(ETF含)で行い、小遣い稼ぎなどの短期取引はCFDを使うことにしています。

CFDでの取引するのは主にナスダック100かS&P500です。

CFDが取引できる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】をおすすめします。

GMOクリック証券はS&P500や日経平均株価などの株価指数、アマゾンやテンセントといった個別の米国株、中国株、他にもVIX指数(恐怖指数)や原油などへも投資が可能で、使いやすくておすすめです。

外国株訴求B



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク