テスラ(TSLA)の株価が勢いよく上昇しています。

ショー太です。

電気自動車(EV)のテスラ(TSLA)の株価が勢いよく上昇しています。

(Yahoo Financeより)

1年前に300ドルだった株価は先週594.5ドルまで買われ、上場来高値を更新しました。

昨年6月時点の株価が200ドルだったことを考えると、半年で約3倍になったことになります。

株価が上昇したことで、テスラの時価総額はフォルクスワーゲン(VW)を抜き、自動車メーカーでトヨタに次ぐ世界2位になりました。

スポンサーリンク

株価上昇のきっかけは2019年7-9月期決算で1億4,300万ドルの最終利益を計上したことが大きいです。

コンセンサス(多くのアナリストの予想の平均値)は最終赤字でしたが、予想に反して3四半期ぶりに黒字になったのです。

さらに、2020年度の純利益は通期では初めてプラスになる見通しです。

中国・上海のEV新工場が稼働したことで、生産能力が大幅に高まったことが大きいようです。

赤字企業が黒字企業に代わるタイミングというのは、企業のビッグチェンジが起きているタイミングで、株価は大きく上昇しやすいとされています。

いまのテスラがまさにそうなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

短期間で急上昇したテスラの株価は移動平均線との乖離が大きくなっています(13週と26週ともに)。

株価上昇のペースが速いため、利益確定売りも意識されそうです。

心理的には600ドルで売りたいという人が多いのではないでしょうか。

順張り投資であれば株価が600ドルを超えたのを確認してから入る方が安心できるかもしれませんね。

どちらにしても、何かと話題になりやすいテスラは個人的に好きな銘柄の1つなので、これからも注目しておきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク