NYダウのインデックス・ファンドなら業界最安コストのiFree NYダウ・インデックスがオススメです。

iFree NYダウ・インデックス

低コストで有名なiFreeシリーズから出ているNYダウのインデックス・ファンドです。

NYダウというのは、マクドナルドやアップルといったアメリカを代表する30の優良企業の平均株価を指数化したもので、世界で最も有名な株価指数のこと。

1896年に12銘柄で算出が開始され、1928年に30銘柄に拡大されました。

組入れ銘柄の入替は不定期に行われています。

ご覧の通りNYダウは右肩上がりの上昇を続けています。

リーマン・ショックのような大ショックを経験しても上がり続ける姿には惚れ惚れしますね。

おそらくこれからもずっと上がっていくことでしょう。

「将来値上がりする資産を買え。」とよく言われますが、NYダウはまさに値上がりする資産と言えそうです。

そんなNYダウに低コストで投資できるよう作られたのがiFree NYダウ・インデックスです。

2016年9月8日に設定されて、資産も順調に増えてます。

最後に手数料を紹介します。

買付手数料と信託財産留保額はゼロで、信託報酬は0.243%です。(2018年7月時点で業界最安コスト)


(SBI証券より)

たわらノーロードNYダウも、今回紹介したiFree NYダウ・インデックスと同じく業界最安コストで買えるため、好きな方を選べば良いと思います。

以上、簡単ですがiFree NYダウ・インデックスを紹介しました。

NYダウへの投資を考えている人にはオススメです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

【おまけ】

インデックス・ファンドで投資をしている人に人気のある書籍がコチラです。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。