iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックスの紹介です。

iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス

米国のナスダック市場に上場しているバイオテクノロジー株と医薬品株に特化したテーマ型のインデックス・ファンドです。

特色のあるセクターや特定分野に焦点を絞った指数に投資するiFreeNEXTシリーズから出ています。

ファンドの特色ですが、NASDAQバイオテクノロジー指数に連動するように作られています。

NASDAQバイオテクノロジー指数(NBI)とS&P500、MSCI KOKUSAI(日本を除いた先進国の株価指数)の過去5年間の値動きがこちらです。

S&P500やMSCI KOKKUSAIと比べるとNASDAQバイオテクノロジー指数は値動きが荒いですね。

スポンサーリンク

iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックスの組入上位10銘柄です。

(8月マンスリーレポートより)

最後に手数料。

買付手数料と信託財産留保額はゼロで、信託報酬は0.783%です。

信託報酬0.783%はインデックス・ファンドとしては高いです。

スポンサーリンク

高齢化が進行している先進国や、生活水準が向上していく新興国では、医療・ヘルスケアに対する需要は今後一層高まっていくことが期待されます。

バイオテクノロジーは医療・ヘルスケアにとっても欠かせない存在なので、iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックスへの投資はおもしろいかもしれませんね。(信託報酬が高いのが欠点ですが。)

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

【おまけ】

インデックス・ファンドで投資をしている人に人気のある書籍がコチラです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク