JASDAQオープンは買う価値のないアクティブ・ファンドです。

JASDAQオープン

三菱UFJ国際投信から出ている日本株のアクティブ・ファンドです。

JASDAQ(ジャスダック)上場株を投資対象にしています。

ジャスダックというのは、東京証券取引所が運営するベンチャー企業(新興企業)向けの市場のことです。

ただ、市場が開設されてから55年以上が経った今、当初はベンチャーとして上場していたけど、今は老舗と呼ばれるような企業もジャスダックには上場しており、ピチピチの新興企業だけが上場している市場ではないのです。

例えば、JASDAQオープンの組入れ1位である日本マクドナルドホールディングスなんかは全然ベンチャーではありませんね。

(JASDAQオープンのマンスリーレポートより)

JASDAQオープンがベンチマークにしているのはJASDAQインデックスという指数です。

JJASDAQインデックスとは、JASDAQ市場に上場している全銘柄の時価総額合計を銘柄数で割って出した数字のこと。

それでは、JASDAQオープンの過去の値動きをベンチマーク(JASDAQインデックス)と日経平均株価で比較してみましょう。

【過去1年】

緑→ベンチマーク赤→日経平均青→JASDAQオープン

【過去5年】

緑→ベンチマーク赤→日経平均青→JASDAQオープン

JASDAQオープンの運用成績ですが、過去5年だとなんとか日経平均には勝てていますが、過去1年はひどい結果です。ベンチマークにも日経平均にも大差で負けています。

最後に手数料。

買付手数料と解約手数料(信託財産留保額含む)はゼロ、信託報酬は1.4256%です。

信託報酬は高いです。

JASDAQオープンはコストだけが高くて運用成績がイマイチな典型的なアクティブファンド。

買う価値はありません。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク