短期トレードは現物株ではなくCFDでやってます。

ショー太です。

保有株の状況報告を毎週土曜日のブログにアップしている通り、私は現物株メインの投資をしています。

第4次産業革命という言葉が好きなので、投資先は主に米国のハイテク関連銘柄が多いですね。

ハイテク関連株は値動きが大きいですが、デイトレみたいな短期トレードはやらないです。

売るのが苦手なので、やらないっていうよりもできないです。

売った株が大きく値上がりしたらチッてなるので。

もちろん、「明らかに下降トレンドだろこれ」っていう銘柄は売るようにしていますが(例えば去年損切りしたアビオメッド)、基本あまり売らないです。

(Yahoo Finance:アビオメッドの1年チャート)

最近株を売ったのは年末にポートフォリオをリバランスした時くらいですね。

ただ、短期トレードをやらないのは現物株での話であって、CFDだとよくやります。

これは私がメインで使っているGMOクリック証券【CFD】の過去の取引レポートです。

23戦22勝はなかなかの成績ですね!

っていう自慢は置いておき、赤で囲った平均保有期間を見ると11日5時間となっています。

デイトレとまではいかないですが、このくらいの短期トレードならCFDでよくやってます。

CFDはレバレッジ3倍くらいでやっているためリスクは高くなりますが、マーケットにいる時間が短いのであまり怖くはないです。

最近だと米イラン間で緊張が高まった時にCFDを使いましたね。

現物株だと高値更新銘柄を中心に買うようにしていますが、CFDの場合はナスダック100が下がった時にリバウンド狙いで買うというのをよくやっています。

(GMOクリック証券CFD:ナスダック100のチャート)

ナスダック100だったら現物だろうがCFDだろうが売らずに持っておけば良かったじゃんっていうのはナシで。。

CFDはあくまで小遣い稼ぎのツールとして使っているだけなので、マーケットが大きく動いた時に入るようにしています。

今年は大統領選挙があるので相場は大きく動きやすいのではないでしょうか。

GMOクリック証券【CFD】の口座には常に証拠金をスタンバイさせておき、いつでも動けるようにしておきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

CFDが取引できる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】をおすすめします。

S&P500や日経平均株価などの株価指数だけでなく、アマゾンやテンセントといった個別の米国株、中国株にも投資が可能です。

私はスマホアプリで取引をしていますが、シンプルで使いやすいです。

外国株訴求B



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク