S&P500のインデックス・ファンドなら業界最安コストのeMAXIS Slim米国株式(S&P500)がおすすめです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

業界最安コストを宣言しているeMAXIS Slimシリーズから出ている米国S&P500のインデックス・ファンドです。

S&P500というのは、格付け機関としても有名なスタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)が算出している株価指数のこと。

ニューヨーク証券取引所やナスダックに上場している大型株から選ばれた500銘柄で構成されており、NYダウと並んで米国を代表する株価指数です。

S&P500の構成銘柄だけで米国株の時価総額の8割をカバーしていることから、S&P500に投資することで米国全体に投資するのとほぼ同じ効果があるとも言われています。

スポンサーリンク

ちなみに、構成銘柄の上位はこんな感じです。

アップルやマイクロソフト、アマゾンといった大手ハイテク株が上位を占めてますね。

次にS&P500の過去の値動きを見てみましょう。


(Google Financeより)

リーマン・ショックのような大ショックを経験しても上昇し続けています。

「将来値上がりする資産を買え」とよく言われますが、S&P500はまさに値上がりする資産。

投資の神様と呼ばれているウォーレン・バフェットもS&P500への投資を強く勧めています。

そんなS&P500に低コストで投資できるのが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)なのです。

スポンサーリンク

S&P500のインデックス・ファンドとしては他にiFree S&P500インデックスというファンドもありますが、信託報酬を比べるとeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の方が安くておすすめです。

(SBI証券より)

買付手数料と信託財産留保額はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)とiFree S&P500インデックスはどちらもゼロですが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬は0.1728%以内と、信託報酬0.243%のiFree S&P500インデックスと比べて安いです。(2018年8月時点)

スポンサーリンク

今回紹介したeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、個人的に今ある投資信託の中でナンバー1の商品だと思っています。

投資先に迷っている人はぜひ。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

【おまけ】

インデックス・ファンドで投資をしている人に人気のある書籍がコチラです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク