MHAM新興成長株オープンの紹介です。

MHAM新興成長株オープン

アセットマネジメントOneから出ている日本株のアクティブ・ファンドです。

J-フロンティアという愛称がついています。

このファンドが設定されたのは2000年2月25日。

知る人ぞ知るロングセラーのアクティブ・ファンドです。

スポンサーリンク

投資対象は、創業25年以下または上場後10年以下の高成長が期待できる新興企業。

(目論見書より)

最近のポートフォリオの状況です。

組入上位銘柄はこんな感じになっています。

(2018年8月 運用レポートより)

トヨタやキヤノンといった老舗銘柄ではなく、ピチピチの新興企業で構成されていますね。

スポンサーリンク

MHAM新興成長株オープンはTOPIXをベンチマークにしていますが、ここ数年はベンチマークを大幅にアウトパフォームしています。

(2018年8月 運用レポートより)

TOPIXをベンチマークにしたアクティブ・ファンド全体の平均(カテゴリ平均)と比べると、MHAM新興成長株オープンがどれだけ優れたパフォーマンスをあげているかよく分かります。

(SBI証券より)

最後に手数料。

SBI証券や楽天証券など大手ネット証券だと買付手数料と解約手数料(信託財産留保額含む)はゼロ、信託報酬は1.836%です。

信託報酬は高いです。

スポンサーリンク

今までと同じような高パフォーマンスが将来も続くかどうかは分かりませんが、これまでの実績からして、MHAM新興成長株オープンが優れたアクティブ・ファンドであることは確かだと思います。

インデックス・ファンドでは物足りないという人には良いかもしれませんね。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク