ハイテク国家を目指す東欧の国ベラルーシの成長企業 EPAMシステムズ(EPAM)を紹介します。

ショー太です。

令和になって最初の投稿です。

前回、米国株でトレード・デスク(TTD)が気になってますという記事を書きました。

米国成長株でトレード・デスク(TTD)が気になってます。

①新高値を更新

②売上の伸びは毎年10%以上

③利益(営業利益・経常利益・当期純利益)の伸びは毎年20%以上

という条件をクリアしている中で良さそうな銘柄を探していくのですが、実はトレード・デスク以外にも良さそうな銘柄が見つかったので簡単に紹介します。

スポンサーリンク

EPAMシステムズ(EPAM)

米国のペンシルベニア州に本社を置くIT企業です。

ソフトウェアの開発や顧客の要望に沿ったアプリケーションの開発、メンテナンスなどを行っています。(分野は問わず、金融、メディア、エンターテイメント、旅行、ホスピタリティ、小売、エネルギー、ライフサイエンス、医療、通信、政府など、あらゆる産業が対象)

EPAMシステムズの創業者は東欧の国ベラルーシ出身ということもあり、オペレーションの多くはベラルーシで行なわれています。

旧ソ連時代にハイテクの研究開発拠点がベラルーシに置かれていたこともあり、ベラルーシには優秀なエンジニアが多く集まったとのこと。

ハイテクに強い人材と言えばインドというイメージがありましたが、実はベラルーシもハイテクには非常に力を入れており、入居すれば税金が手厚く優遇されるハイテクパークというエリアも作られるなど、今では政府主導でハイテク国家を目指しているようです。

EPAMシステムズは本社と上場市場こそ米国ですが、実態としてはベラルーシを代表するテック企業と考えて良いでしょう。

Yahoo Financeより)

EPAMシステムズの株価ですが、ご覧の通り高値を更新中です。

私が最も重視している業績の伸びですが、グラフにした時に階段みたいに右肩上がりになっているのが分かります。(当期純利益は右肩上がりではないですが、ここは営業活動以外の要因も含まれるため気にしなくてOKでしょう)

スポンサーリンク

EPAMシステムズは新しい会社ではないのですが、日本だとほとんど情報がないため投資している人は少ないのではないでしょうか。

私もたまたまスクリーニングに出てきて知りました。

未知な部分も多いですが、業績の伴った株価の上昇をしている銘柄なのでおもしろいかもしれませんね。

以上、簡単ですがハイテク国家を目指す東欧の国ベラルーシの成長企業EPAMシステムズの紹介でした。

ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

私は現物株以外だとCFD取引もしています。CFDはレバレッジ2倍で上昇トレンドの時だけ順張りで乗るようにしています。銘柄は主にナスダック100とS&P500。

CFDが取引できる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】をおすすめします。

私も使っていますが、GMOクリック証券だとS&P500や日経平均株価などの株価指数、アマゾンやテンセントといった個別米国株、個別中国株、他にもVIX指数(恐怖指数)や原油などへも投資が可能で、使いやすくておすすめです。

外国株訴求B

【宣伝】

「楽しく投資しよう会」という投資サークルを作りました!

投資ジャンルは何でもOK!

投資に興味のある人はぜひぜひご参加ください^^

ちなみに、ブログサークルというのは、ブログランキングサイトの「人気ブログランキング」内にあるコミュニティーサービスです。

お気に入りブログをフォローして新着情報をチェックできたり、気軽にコメントや「いいね」を押せるブロガーのためのSNSです。

既に投資をしている方、これから始めようとしている方などお気軽にご参加ください^^

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク