バンガード米国ヘルスケアセクターETF(VHT)をポートフォリオに追加しました

明けましておめでとうございます。

 

去年は新型コロナの感染拡大や米国大統領選挙がある中で、株価は年間通して大きく上昇しました。

 

今年はどうなるでしょうか。

 

私は年末にバンガード米国ヘルスケアセクターETF(VHT)を買いました。

 

ポートフォリオはこんな感じです。

 

  • ナスダック100ETF(QQQ) 71%
  • S&P500ETF(VOO) 19%
  • 金ETF(GLD) 5%
  • ヘルスケアETF(VHT) 5%

 

ナスダック100とS&P500で9割を占めます。

 

ハイテクセクターの比率が高いので、今回追加したVHTや別のETFで徐々にハイテク色を薄めていこうと考えています。

 

 

追加したVHTの組入上位銘柄はQQQやVOOとは大きく異なります。

 

VHT 組入上位銘柄順位 銘柄名 比率
1 JOHNSON & JOHNSON  7.81%
2 UNITEDHEALTH GRP 6.26%
3 PFIZER 4.26%
4 MERCK & CO 4.1%
5 THERMO FISHER SCIENTIFIC 4.04%

 

QQQ 組入上位銘柄順位 銘柄名 比率
1 APPLE 12.79%
2 MICROSOFT 10.18%
3 AMAZON 9.97%
4 TESLA 4.24%
5 FACEBOOK CL A 4.18%

 

VOO 組入上位銘柄順位 銘柄名 比率
1 APPLE 6.46%
2 MICROSOFT 5.65%
3 AMAZON 4.77%
4 FACEBOOK CL A 2.33%
5 ALPHABET CL A 1.79%

(2020年末時点)

 

比率に差はありますがQQQとVOOの組入れ上位銘柄はほぼ同じですね。

 

今後もハイテク関連株が相場をけん引する流れは続くと思います。

 

ただ、偏り過ぎもアレなので別のセクターETFで少しずつ薄めていくことにします。

 

VHTは過去の自分のブログを見返して、良いなと思って買いました。

→バンガード米国ヘルスケアセクターETF(VHT)はS&P500以上の値上がりが期待でき、ディフェンス力も持ち合わせた素敵なETFです。

 

コロナ後の世界を考えても、ヘルスケアセクターは外せないというのも理由です。

 

ポートフォリオの2割くらいがVHTでも良いかなとも思ってます。

 

今月は大きな追加投資を考えており、他に良いものがなければVHTを増やすつもりです。

 

追加したらまた書きます。

 

それでは今年もよろしくお願いします。

 



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク