ショー太の米国株は週間3%超の下落 昨年末比収益率は再びマイナスになりました(2021年1月4週目)

 

ショー太の米国株は週間3%超の下落でした。

 

昨年末比騰落率は再びマイナスになりました。

 

個別だとナスダック100(QQQ)が-3.34%、S&P500(VOO)が-3.33%、ヘルスケアETF(VHT)が-2.25%でした。

 

 

先週まであった金ETF(GLD)は売却したため、現在は3銘柄のみの保有となっています。

 

GLDの売却資金と新たな資金でVHTを追加しました。

 

いまのポートフォリオはこんな感じです。

 

 

売却したGLDは資産全体の4%程度と、元々そんなに多くなかったです。

 

新たに投入した資金が多かったため、VHTの投資比率は一気に23%まで上がりました。

 

買った直後に下落しましたが。。

 

 

今週の株式市場は荒れましたね。

 

SNSで連携した個人投資家がヘッジファンドが空売りしている株を一気に買うことで、ヘッジファンドに損失を出させると同時に一部の銘柄でバブルを作っています。

 

投資家の恐怖指数と呼ばれるVIX指数は急騰し、市場の不安心理が高まりました。

 

荒れるとすれば今週は大手ハイテクの決算かFOMCがきっかけになるかなと考えていましたが、まさか個人投資家とヘッジファンドの攻防とは。

 

相場って難しいですね。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←応援バナーを押して頂けると励みになります!

 



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク