気づいてしまいました。インデックスに負けていることを。。

タイトルにも書きましたが、気づいてしまいました。

これまでの運用がインデックスに負けていることを。。

スポンサーリンク

私は現在約1,000万円を投資に回しています。その内の200万円分は日本商業開発(3252)で、残りの800万円分は米国株や投信で運用しています。

今年に入って売却したものだけで税引き後70万円くらいの利益になります。

また、現在保有している米国株の含み益が15万円くらいあるため、年明けからのトータルリターンは85万円くらいのプラスということになります。(日本商業開発は優待と配当狙いで2年前から保有しているため、今年の運用成績から外しています。)

スポンサーリンク

投資額800万円(日本商業開発の200万円は除いています。)に対して85万円のプラスなので、約10%のプラスということになります。

10%のプラスというのは好成績なのでしょうか。

答えは出ていますが、念のため今年の頭から8月4日までの米国の代表指数の騰落率を確認してみます。

(Google Financeより 今年に入っての米国代表指数のチャート)

青チャート:NYダウ +11.78%

赤チャート:S%P500 +10.63%

黄チャート:ナスダック +17.98%

私は成長株に集中投資しているにも関わらず、NYダウにすら負けています。

ナスダックには倍近い差をつけられています。。

完敗です。。。

スポンサーリンク

有名すぎる話で今更?と思われるかもしれませんが、やはりS&P500やナスダック100のETFをバイ&ホールドするのが最強の投資法なのかもしれません。

今回の結果を早くに気づくことができて良かったと思います。

投資手法を1から見直す必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク