埼玉県での不動産投資は一旦中止!実家の遊休不動産の有効活用を優先することにしました。

ショー太です。

以前、「埼玉県での不動産投資を考えています。」という記事を書きましたが、一旦中止することにしました。

理由は実家の遊休不動産の有効活用を優先することにしたためです。

スポンサーリンク

数年前に祖母の相続が発生し、私の父がタダ同然の不動産(田んぼと畑)をいくつか引き継ぎました。

私もそのことは把握していたのですが、年末に帰省した時に固定資産税の明細書を見つけたので中を見たところ、地目(ちもく=土地の使用目的)が山林という知らない不動産が載っていました。

「ここどこの土地?」と父に聞いてみたものの、相続してまだ見に行っていないので詳しくは分からないとのこと。

私が調べた方が早いなと思ったので、固定資産税明細書をスマホのカメラで撮ってその時は終わりました。

スポンサーリンク

実家から戻り、明細書に載っている住所(正しくは地番)をネットで検索してみましたが出てきません。

明細書に載ってあるのは「地番」と言って、登記上(権利の範囲)の番号を指します。

地番だけだと地図上のどこに存在しているのかすぐに分からなかったりするんですね。

一般に使われている住所(住居表示)と地番はイコールではないのです。(一致している場合もありますが)

スポンサーリンク

地番の土地がどこにあるのかを調べる方法は

①ブルーマップを見る

②地元自治体が管理している地番図を見る

の2通りです。

私は①のブルーマップを見るからトライしましたが確認できませんでした。

残るは②の地元自治体が管理している地番図を見せてもらうです。

時間をみて連絡してみようと思います。

スポンサーリンク

どちらにしても父が保有している「山林」が放置されているのは明らかです。

固定資産税を払ったまま遊ばせておくのももったいないので、何か有効活用ができないかこれから考えていきたいと思います。

まずは場所の把握からですが。

ということで、埼玉県での不動産投資は一旦中止。

まだまだ時間はかかりますが、進展があれば記事にしたいと思います。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク