今年に入って順調に回復している米国株ですが、今後はどうなるでしょうか。

ショー太です。

昨年後半に大きく下げた米国株ですが、順調に戻しています。

米中通商摩擦と英国のEU離脱問題への過度な悲観が後退していることや、FRBが金融引き締め政策へ慎重な姿勢を示すようになったことなどが大きいですね。

保有株は2018年9月~10月にピークを付けた水準の7割近くまで回復してくれました。

ただ、今年に入っての上昇は昨年に大きく下げたリバウンドの要素が大きいと思います。

今後は少しずつ株価の上値が重くなっていくのではないでしょうか。

3月には米中通商問題やイギリスのEU離脱問題など難しいイベントが控えてますからね。

もし2月も今と同じようなペースで保有株が値上がりするとしたら、そこには米中問題とブレグジット問題への過度な楽観見通しが含まれている可能性があります。

その時は少しポジションを減らしても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

さて、米国大統領選挙の前年は株高になりやすいと言われていますが今年はどうなるでしょう。

トランプ大統領は前回の大統領選挙時に公言した政策を良くも悪くも全て実行しようとしています。

公約であるメキシコとの国境の壁も何としても造ろうとしてますからね。

有言実行の大統領なので、メキシコとの壁と並ぶ公約である「大規模なインフラ投資」も実行してくるはずです。

インフラ投資は野党である民主党からも賛同が得られる見通しのため、実現する可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

米中の通商問題やブレグジットなど、まだまだリスクイベントは残っていますが、後半になると大規模なインフラ政策が待っています。

まだ始まったばかりですが、今年はアノマリー通りの株高で終わってほしいですね。

ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

「米国大統領選挙の前年は株高になる」というアノマリーがあります。

ETFや投信も良いですが、CFDで少しだけレバレッジを効かせて米国株を買ってみるのもおもしろいのではないでしょうか。

GMOクリック証券【CFD】では、日経平均株価やS&P500などの株価指数以外に、アマゾンやフェイスブックなどの個別米国株や、テンセントやチャイナモバイルといった個別中国株が80銘柄以上売買できるようになっています。

私も利用していますが、使いやすくておすすめです。

外国株訴求B

【宣伝】

「楽しく投資しよう会」という投資サークルを作りました!

投資ジャンルは何でもOK!

投資に興味のある人はぜひぜひご参加ください^^

ちなみに、ブログサークルというのは、ブログランキングサイトの「人気ブログランキング」内にあるコミュニティーサービスです。

お気に入りブログをフォローして新着情報をチェックできたり、気軽にコメントや「いいね」を押せるブロガーのためのSNSです。

既に投資をしている方、これから始めようとしている方などお気軽にご参加ください^^

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク