FOMC後の米国株の下落は一時的だと考えています。

ショー太です。

7月31日のFOMC(米国の金融政策を話し合う会合)では、予想通り0.25%の利下げで決まりましたね。

米国株は売りで反応しました。

(Yahoo Financeより)

パウエルFRB(米国の中央銀行)議長が「長期的な利下げ局面に入ったわけではない」と発言したことで、追加の利下げ期待が後退したためです。

ただ、FRBの見解は、将来の米国経済は悲観的ではなく明るいというもので、米国株の下落は一時的だと考えています。

これまでは利下げに対する期待が大きくなり過ぎていたので、ここで一旦熱を冷ますというのは良いかもしれませんね。(トランプ大統領がFRBにより一層の利下げを促すことは容易に想像できますが。)

スポンサーリンク

私は今回のFOMCで株価が下がったタイミングでS&P500を少し買いました。(CFD取引です。)

短期リバウンド狙いの小遣い稼ぎ。

先週高いジーンズを買っちゃったので稼げる時に稼ぎたいなと。

→リーバイス501の日本語表記モデルを買いました。

カードの引き落とし日までには上昇してほしいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。

【おまけ】

私は現物株以外だとCFD取引もしています。CFDはレバレッジ2倍で上昇トレンドの時だけ順張りで乗るようにしています。銘柄は主にナスダック100とS&P500。

CFDが取引できる業者はたくさんありますが、私はGMOクリック証券【CFD】をおすすめします。

私も使っていますが、GMOクリック証券だとS&P500や日経平均株価などの株価指数、アマゾンやテンセントといった個別米国株、個別中国株、他にもVIX指数(恐怖指数)や原油などへも投資が可能で、使いやすくておすすめです。

外国株訴求B

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク