<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの紹介です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイアセットマネジメントから出ている先進国株式のインデックス・ファンドです。

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)と連動する投資成果をめざして運用しています。

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、日本
を除く世界の先進国で構成されています。

スポンサーリンク

先進国に投資するといっても、市場規模の大きな米国株が6割以上を占めています。

また、組入上位銘柄には、やはり時価総額の大きな米国IT企業がズラッと並んでいます。

スポンサーリンク

基準価格は2013年12月10日に設定されてから順調に上昇しています。

純資産総額も増えていますね。

(2018年8月 運用レポートより)

先進国株式に投資するインデックス・ファンドとしては他にもEXE-iつみたて先進国株式ファンドというコストの安いファンドもありますが、EXE-iつみたて先進国株式ファンドは2本のETFを通して先進国全体の株式に投資するという点と、日本株を含むという点でニッセイ外国株式インデックスファンドとは大きな違いがあります。

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)に連動するインデックス・ファンドのコストとしては、2018年7月現在だとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬が0.11772%以内のため、業界最安になっていますが、2018年8月21日からニッセイ外国株式インデックスファンドも信託報酬を0.11772%程に引き下げすることを発表しています。

今後はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスとニッセイ外国株式インデックスファンドが業界最安コストになる予定です。

(SBI証券より)

日本を含まない先進国株に投資したい人はニッセイ外国株式インデックスファンドかeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを選んでおけば間違いないでしょう。

以上、簡単ですがニッセイ外国株式インデックスファンドの紹介でした。

おすすめのインデックス・ファンドです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

【おまけ】

インデックス・ファンドで投資をしている人に人気のある書籍がコチラです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク