新型肺炎の影響で株価が下がっていたのでナスダック100インデックスを買いました。

ショー太です。

新型肺炎による景気の下押し懸念が広がったことで株が売られています。

2月21日(金)の米国株はダウ平均が227.57ドル安、ナスダックは174.37ポイント安で取引を終了しました。

この記事を書いているのは2月24日(月)18:30ですが、CFDを見るとさらに下げているので今夜の米国株も大きく下げそうです。


(画像は全てGMOクリック証券【CFD】

ナスダック100の下げは特に大きいですね。

「新型肺炎がきっかけで株価が下がったタイミングは絶好の買い場になりそうです。」でも書きましたが、新型肺炎の影響での株安は長期的に見ると買い場だと考えているため、ナスダック100を100万円分買いました。

株価が下がった時の反発狙いの時はいつもCFDを使ってレバレッジ3倍くらいで買うのですが、今回はいつ反発するかが読みづらかったのと、あまりハラハラもしたくないので現物への投資を選びました。

現物として買ったのは「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」という投信です。

投信なので今日(24日)注文しても約定するのは26日だから基準価格がどうなるかは分かりませんが、ロスカットの心配をする必要もないし、あまり細かいことは気にせずに上昇するのを待ちたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク