分散投資は株と債券だけで十分! 世界経済インデックスファンドは良い投信だと思います。

ショー太です。

少し前に分散投資について「分散投資は投資のキホン!運用資金が大きくなったらバランスファンドで運用するのもアリだと思います!」という記事を書きました。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)という投信を買うことで8種類の資産に分散投資ができますという内容です。

ただ、自分で紹介しておきながらアレですが、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)に入っているリート(不動産投信)は分散投資にはあまり必要ないかなと思っています。

景気後退期には株も不動産も同時に落ち込むので。

スポンサーリンク

分散投資は株式と債券だけで十分、もっと細かく言えば、先進国株式と先進国債券だけでOKだと思っています。

株価が急落するような時には安全資産の先進国債券に資金が流れるため、分散効果は十分期待できます。(為替リスクは考慮していません。)

(J.P.モルガン Guide to the Markets)

また、10年間運用した場合だと、先進国株式100%で運用するのと先進国株式と先進国債券にそれぞれ50%ずつで運用するのとでは期待リターンはほとんど変わらないというデータもあります。(利息と配当を含んだ場合)

(J.P.モルガン Guide to the Markets)

当然ですが株式と債券にそれぞれ50%ずつ分散している方が株式100%よりも変動率(リスク)は小さくなります。

リターンが同じならリスクが低い方が良い運用とされる(シャープレシオが高い)ため、株式だけで運用するよりも債券を含んだ方がポートフォリオの質が良くなるのです。

スポンサーリンク

株式と債券をそれぞれ半分ずつ運用する場合、世界経済インデックスファンドという投資信託はなかなか良いと思います。

株と債券にそれぞれ15%ずつ新興国の資産が入りますが、そこはあまり気にしなくて良いでしょう。

(目論見書より)

世界経済インデックスファンドと日経平均株価の過去5年の値動きを比べたものがこちらです。

(Yahoo Finance: 赤→日経平均株価 青→世界経済インデックスファンド

アベノミクスのおかげで過去5年は日経平均株価の方がパフォーマンスは良いですが、世界経済インデックスファンドの方が値動きは安定していますね。

スポンサーリンク

世界経済インデックスファンドの信託財産留保額は0.1%、信託報酬は0.54%と、今あるインデックス・ファンドの中では少しコストは高いかなとも感じますが、株と債券を50%ずつにリバランス(配分調整)してくれる手間を考えれば許容できる範囲ではないでしょうか。

私は分散投資は株と債券だけで十分だと思っているので、長期で資産運用を考えている人には世界経済インデックスファンドは良い商品だと思います。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

【おまけ】

楽天証券の投信積立を楽天カードで支払えば、ポイントが貯まります!

また、貯まったポイントで投信を買うことができるので、効率の良い運用ができますよ!

→楽天証券の投信積立は楽天カードで払いましょう!ポイントが1%還元されますよ!

楽天証券の口座開設はこちらから。

楽天証券

楽天カードはこちらから申し込みできます。

楽天カード

【宣伝】

「楽しく投資しよう会」という投資サークルを作りました!

投資ジャンルは何でもOK!

投資に興味のある人はぜひぜひご参加ください^^

ちなみに、ブログサークルというのは、ブログランキングサイトの「人気ブログランキング」内にあるコミュニティーサービスです。

お気に入りブログをフォローして新着情報をチェックできたり、気軽にコメントや「いいね」を押せるブロガーのためのSNSです。

既に投資をしている方、これから始めようとしている方などお気軽にご参加ください^^

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク